【HIROTANblog】お越しいただきありがとうございます☆

【 ヤバイ!】毒親の自覚なし?絶対にやってはいけない5つの育児

ひろたん
自覚ある?

 

悩み人
なんの?

 

ひろたん
毒親の。

 

悩み人
、、、ウーッワン!(ない)

毒親の自覚がないだけで、やってはいけない育児をしているかもしれません。そこで今回は

【 ヤバイ!】毒親の自覚なし?絶対にやってはいけない5つの育児

についてまとめました。この記事を読むことで次のことがわかります。

 

・毒親になる5つの子育てとは?
・過期待・過放任・過許可・過保護・過干渉について

 

この記事を書いている私自身

 

・若干毒親っぽい母のもとで育つ
・今現在幼き娘を絶賛育児中シングルパパ

 

なので皆さんに信憑性を持ってお伝えすることができると思います。
まずは毒親について知ることから始めましょう。

私ひろたんについてはこちらをどうぞ!

関連記事

ひろたんの自己紹介!ひろたんってどんな人?初めまして!ひろたんです!HIROTANblog初記事でございます!現在バツイチ子持ち絶賛育児中の30代ひろたんです。のっけからひろたんひろたん申し訳ございません[…]

毒親の自覚なし?絶対にやってはいけない5つの育児

毒親の自覚なし?絶対にやってはいけない5つの育児

まず先に言っておくと、育児に不安を抱き悩んでいると言うのなら毒親ではございません。

 

ひろたん
安心してください。

 

毒親はそんなことで悩んだりしません。悩んでる風は装います。

 

・全ては子供のため。
・愛情を持って接しているから大丈夫。
・子供のためになっているから問題ない。

 

毒親はそう考えます。
育児に正解はありません。

だがしかし!

やってはいけない育児は確かに存在します。
毒親の自覚なく、絶対にやってはいけない5つの育児をしてしまう前に。

やってはいけない5つの育児がどんな育児なのかみていきましょう。

絶対にやってはいけない5つの育児

毒親の自覚なし?絶対にやってはいけない5つの育児

過期待

親子の立場が逆転している状態。

親は子に期待(甘え)し、子は親の期待通り(愛を与える)にしてしまう。

 

・親からは愛情を搾取される
・愛情を与えられない

本当の自分では愛されないと感じてしまい、
自分の意思ではなく他人の期待通りの行動をしてしまう。

そのまま大人になると自分はこんなに愛を与えているのに(期待通りの行動をしているつもり)、
他人は愛を返してくれない(期待通りにしてくれない)と不満ばかりの人になってしまう。

いつまでも甘えの欲求を持ち大人になりきれない。


過放任

親としての責任放棄。

親が子に興味がなく勝手にしていろ状態。

 

・外面はいい
・めんどくさがりな人が多い
・自由で伸び伸びとを都合よく解釈

子供は親の顔色を伺い親の嫌がることをすると怒られることを知っている。
なので怒られてでも注目されようとする。

子供が将来社会の一員として生きていけるように褒めて叱る。ルールを教える。

自由を履き違えてはいけなせん。


過許可

過放任と似ているがこちらは親が子供の顔色を伺っている。

単純に物や許可の与えすぎ。

何をしても怒られず、我慢のできないわがままな子になってしまう。
そしてそのまま
我慢のできないわがままな大人になってしまいます。


過保護

親の自己都合の優先。

親がせっかちでめんどくさがりに多い。

 

子供に任せるよりも自分でやった方が早い。
子供から挑戦・失敗・挑戦という経験を奪ってしまう。

そうなると子供は成長を阻害され自立心をなくしてしまう。

自分では何も決められない解決力もない
なんの魅力もないそんな大人になってしまう。


過干渉

やってきました過干渉!
とにかくやばい!

ひろたん
マジでやばい!

 

上記4つが霞んでしまうほどのTOPofTOP!

 

これだけで1記事大作が書けてしまうほどのとてつもないヤバさ。

 

子供の感情全無視
あらゆること全てに口を出す
尚且つ、けなす。けなす。けなす。
子供を束縛してコントロールしようとする

子を子として、一人の人格を持った人として見ることができない。

自分の所有物としか思ってない。

絶対にやってはいけない5つの育児を絶対にやってはいけない理由

毒親の自覚なし?絶対にやってはいけない5つの育児

5つの絶対にやってはいけない育児に共通していることは、愛情と承認の不足です。

子供は親から無条件の愛と、認められることで健全な心を育んでいきます。
愛情に見せかけた手抜き・自己都合の優先は子供にはお見通しです。

 

ひろたん
お見通し!

 

親がどんなに愛情を込めて育児をしても

 

・子供には特に良い影響はない
・ありのままのその子になるだけ
・子供は周りから良い影響を受ける(友達や第三者)

 

悩み人
知らなかった!

だがしかし!

親からのマイナスの影響は多大に受けます。

子供が馬鹿にされて今に見てろとやる気を出すときは
友達や第三者から馬鹿にされたときです。

 

・親は絶対に馬鹿にしたりけなしたりしてはいけない
・親は常に子供の圧倒的味方でいなくてはいけない

 

親自身ストレスを溜めないことも重要です!

関連記事

悩み人楽しく笑ってカッコいい育児がしたい!そう思っているのに現実の育児となるとイライラが止まらない!そのあとは決まって自己嫌悪。子供はかわいそうだし、他の家庭は楽しそうだしでますます気分は下がっていくばかり![…]

 

絶対にやってはいけない過干渉育ち

毒親の自覚なし?絶対にやってはいけない5つの育児

ひろたん

ひろたんは母子家庭で育ったよ。

 

はい。過干渉育ちです。
母の言動にずっと違和感を覚えていました。

そして私自身、子を持つ親となり育児をしていく中で気付いたのです!

 

ひろたん
ひろたんヤベェ育児されてた!

 

反発することはできていたのでライトな過干渉だったのかもしれません。

ひろたんが実際にされた
違和感を覚えた育児をいくつか押さえておきます。

友人の選別をする

目つき・態度が気に入らない。なんか嫌な感じがする。
そんな抽象的なことであいつとは付き合うなと言われていた。

 


とにかく否定される

とりあえず褒められたことはありません。
お前はダメで馬鹿なやつなんだと刷り込まれる。

私の娘に対してもそのような言葉を言う時があります。
その度に烈火の如く怒ると
当分はやらなくなりますが、
忘れた頃にまたやり出します。

ひろたん
THE・過干渉!

私はあなたのために自分を犠牲にしている

そんな事をよく言われていました。
当時の私はなんだか罪悪感がありました。

自分が親の立場になり、よくそんなことが言えたもんだと感心しています。

 


私の予定・持ち物を把握していないとキレる

母の把握していない行動をとると携帯は鳴り止まない。

ひろたん

いいですか?文字通り鳴り止まないんですよ。

そして私の荷物は全て勝手に調べます。

ちなみにひろたんが30を過ぎた現在でも
勝手に郵便物は開けられ、全ての荷物を管理しようとしています。

悩み人
それはダメ!

その度に烈火の如く怒ると
当分はやらなくなりますが、忘れた頃にまたやり出します。(2回目)

 


こうして書いているといろんなことを思い出してきますね。
あんまり書くとただの愚痴日記になるのでこのくらいにしておきます。

 

ひろたんは兄や周りの友人に恵まれていた!

 

周りの環境のおかげで、しっかり母に反発することができていました。
そのおかげで捻くれず素直な大人になることができたと思います。

ひろたん
ん?なにか?

もちろん母への感謝もあります。

しかしこれが重度な毒親で周りの支援もない状態だと、
子供は一体どう育っていくのか?

毒親とはやはり親子にとっていいことはありません。

関連記事

ひとり親でも育児は楽しくできるもん!そうです。できるんです!というかやるしかありません。悩み人一人で育児ができるか不安。 困り人相談できる人がいなくて寂しい。[…]

毒親の自覚なし?やってはいけない育児だなんて言われても

毒親の自覚なし?絶対にやってはいけない5つの育児

わかります。育児は本当に大変です。

1日があっという間に過ぎていってしまいます。
自分の子とは言え毎日の育児で精神がすり減ってしまいますね。

そんな時にやってはいけない育児だなんて言われても

悩み人
困っちゃう!

そんな時は子供自身に任せる

 

子供は親との距離感を自然と理解しています。
怪我をしてしまいそうな危険な状況や周りに迷惑をかけている時以外は、
子供が助けを求めてくるまではそっと見守りましょう。

 

ひろたん
有名な育児4訓おいときますね。

 

・乳児はしっかり肌を離すな
・幼児は肌を離せ、手を離すな
・少年は手を離せ、目を離すな
・青年は目を離せ、心を離すな

【 ヤバイ!】毒親の自覚なし?絶対にやってはいけない5つの育児

毒親の自覚なし?絶対にやってはいけない5つの育児

と言うことで育児に正解はありませんし、親の数だけいろいろな育児があります。

なので基本的には自由なんですが、

何も考えずにやってると知らず知らず子供の心に大きな傷を残してしまいます。

毒親に自覚はありません。

 

毒親だと認めてしまうと今までの自分を否定することになり自我が崩壊してしまいます。
なので自分の行動を正当化し愛情だと言い切ります。そして子供を全力で否定するのです。

今回この記事を読んで少しでも思い当たる節があれば、
子供との接し方を見つめ直してみましょう。

ひろたん
読んでくれてありがとう!

毒親は親子どちらにとってもいいことはありません。
あなたの育児ライフがより良いものになるように少しのきっかけとなれたら幸いです。

follow me!!